人気ブログランキング |
ブログトップ

毒入りブルーベリー

yanomichir.exblog.jp

大阪二人展




林リウイチ×矢野ミチル

「螻蛄の藝術」

大阪gallery yolcha

2019.6.22(土)~7.15(月・祝)

火・水 定休

月・木・金・土 14002000

12002000

yolcha運賃制

(¥300で乗車券を購入/同金額分ドリンクメニューに利用可)


***


ファンタジーと無国籍性を標榜する二者による作品展。

線と色、平面と立体、そして様々な支持体から溢れ出す多次元的物語のラビリンス。

貝殻、石、ひょうたんなどが人や動物に変化(へんげ)し貴方と目を合わせるだろう。

タイトルの螻蛄(オケラ)とは昆虫である。ミミズだってオケラだってのあのオケラ。

誰でもその名を知っているのに、ほとんど誰も見たことのない虫。

林と矢野の作品に触れたとき、なぜかこの螻蛄のことを思った。

「オケラになる」とは無一文のことだし、「オケラの七つ芸」とは器用貧乏のことを指す。

でもわたしはそんな慣用句に本展のふたりを結び付けたかったのではない。

姿すらあまり知られていないこの虫が、たくさんの隠喩を引き受けている。

その不思議なポテンシャルと、林と矢野の描くものたちに近しいものを感じたのだ。

彼らの作品に登場するキャラクタリスティックな何者かは都市伝説のように存在する。

怪しい愛嬌を振りまいて誰かの夢枕に日夜登場している。

と、想像するに相応しい。すなわち、これは“螻蛄の藝術”である。

今日も日々、土の中をうごめき、誰かのイメージを代弁している。


gallery yolcha車掌



[林リウイチ/Ryuichi Hayashi

1965年生まれ。岐阜市在住。岐阜を中心に活動。

ボールペンと珈琲でダークなファンタジー世界を描く。

また漂流物を使い“カイトピア”、“ヨロコピタン”シリーズなど様々なオブジェを作成。


[矢野ミチル/Michiru Yano

1980 茅ヶ崎生まれ。蠍座の男。

日本各地で展示や、音楽家とのライブペインティング、アートワークを多数手掛ける。

2014年に東京から瀬戸内の因島に移住。


f0104234_10520014.jpeg

【期間中イベント】

「魂-入れ TAMA-IRE

あなたの持っているガラクタを人や動物に変えます

6/22(土)23(日)7/13(土)14(日)15(月・祝)


林と矢野、両作家があなたの私物(20㎝四方までの小物)に直接絵を描いて、

対象物を擬人化/擬獣化します。絵具をのせてもいい物をご持参ください。

どちらの作家かご指名ください。仕上がった作品はお持ち帰りいただけます。

例:日用品、アンティーク小物、機械部品など

料金:言い値(¥3,000~でお願いします)所要時間3060分ほど

後日直接お渡しか着払いでの発送も可能です。



# by yanomichiru | 2019-06-10 10:53 | 新作/展覧会情報

通販サイトオープン

f0104234_22144664.jpeg
f0104234_22150480.jpeg
矢野ミチル画房つくりました

yanomichiru.thebase.in

原画やオリジナルグッズなど通販してます。何卒!
f0104234_22125433.jpeg

# by yanomichiru | 2019-05-14 22:10 | news

彗星逆光

f0104234_22211554.jpeg
尾道美ノ郷町にあるユジュというヨガスタジオに「彗星逆光」という作品を描きました。
里山の中にある築百年近い古民家です。

# by yanomichiru | 2019-05-12 22:19 | 新作/展覧会情報

【パレイドリアの魔法 】新宿個展

『新宿クリエイターズフェスタ2018』の アー
f0104234_21052695.jpeg
ティスト展に参加します。

矢野ミチル個展
「パレイドリアの魔法」
□2018.8.9 (thu)ー2018.8.14(tue)
□11:00-19:00(最終日は16時閉場)
□会場:ヒルトピア アートスクエア
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京B1F ヒルトピアショッピングアーケード内
TEL: 03-3343-5252

https://t.co/sBoE0sdW6Y?amp=1

タイトルにある“パレイドリア”とは天井のシミや雲の形から動物、顔、何らかの物体を思い浮かべたりする心理現象のことです。
会場も広いので、50点の新作をはじめ沢山持って行く予定です。東京の展示は3年ぶりくらいなので、会期中は毎日在廊するのでお会いできるのを楽しみにしてます。

フライヤーデザインはrinnmiさん

# by yanomichiru | 2018-07-27 21:03 | 新作/展覧会情報

福山で個展

矢野ミチル個展
「夢解きのミクロコスモス」

□2018.6.2(sat)-6.30(sat)
□11:00-24:00 ※要1オーダー
□談話室アトモスフィア 
TEL 084-983-3937
広島県福山市三吉町3-5- 12
f0104234_16184821.jpeg

# by yanomichiru | 2018-06-18 16:17 | 新作/展覧会情報

あやつり星の神話@青森カフェ・デ・ジターヌ

f0104234_00460730.jpeg

人生初の青森展示!


モビール型の新作を多数展示します。3/11は敬愛する青森在住のSSW鳴海徹朗さんの演奏とライブペインティングやります。




矢野ミチル個展「あやつり星の神話」


@青森café Des Gitanes古川店2F Deau


3/10(土)~21(水) 10:0016:00


月曜休み


f0104234_00492472.jpeg


【ライブペインティング】


矢野ミチル×鳴海徹朗


3/11(日)17:00


¥2000/1ドリンク


会場:antenna 青森市


新町1-14-12 (展示会場より徒歩3分)


シンガーソングライター鳴海徹朗々さんと初のセッションを開催。


# by yanomichiru | 2018-03-10 00:41 | 新作/展覧会情報

新作アニメーションMV作りました

12/15にリリースするN-qiaの4年振りの新アルバム『fantasica』より、「light」のMVを公開!!!
https://youtu.be/vpu3x6WXv5o

ジャケットアートワークの世界観をコマ撮りアニメーションにしました。パステル、コラージュ、水彩を織り交ぜた4分15秒。ぜひご覧ください!

三年前にN-qiaからオファーを受けた時は、子供が産まれる直前で、撮影は難しいので一度断りました。その後「どうしても矢野ミチルのアートワークとMVでやりたい」というN-qiaたっての希望で(なんとリリースを待ってもらって)実現しました!
なので構想は約三年、今年の春から夏にかけて、ひきこもって作りました。デジカメで一枚ずつ撮影して、10年以上前のMacで地道な編集作業。前作のMVがほぼ即興だったのに対して、今作は自分にしては珍しく曲からのイメージでストーリー性をもたせてます。そのせいで途中何度も撮り直し、撮りためた三分の一はボツに。どんな物語かは観た方それぞれの想像にまかせます。

アニメーションを作る時はいつも真っ暗闇を手探りで歩いている感覚になります。最初にある音楽以外は、ほぼたった一人の作業なので、その地図を頼りに長い旅を続けていくような毎日でした。
撮りためた画像を音に合わせて編集してみると予想と違うこともあれば、逆にそこから新たな道が拓けてきたりと、そんな偶然がおぼろげだった世界を浮彫りにしてくれました。ただ三千枚も撮ると、神経が煮詰まり過ぎて自分自身の感覚すら信用できなくなって、何度か挫折しそうになりました。そこをギリギリのところで持ち堪えられたのは、N-qiaの二人が僕の作る世界に絶大な信頼を置いて、リリースまで延期してくれたのが大きかったです。それは重いプレッシャーにもなったけど、おかげで妥協せず、最後まで作りきる事ができました。本当に感謝しています。

アルバムfantasicaは12/15発売です。珠玉の曲が揃ってます。
# by yanomichiru | 2017-11-17 16:13 | 映画・漫画

幻獣博物館

f0104234_0174293.jpg


矢野ミチル展 「幻獣博物館」
 
2017年10月24日(火)ー10月28日(土)
 
10:00ー17:00(最終日のみ16:00まで)
 
La table de Boulangerie Yamashita
(Boulangerie Yamashitaの食堂スペースにて)

Boulangerie Yamashita
東海道線二宮駅北口徒歩約10分 
〒259-0123 神奈川県中郡二宮町二宮1330番地 0463-71-0720

終日作家在廊予定
矢野ミチルによるサイキック似顔絵
一枚5000円 約40分
予約優先(yanomichiru@gmail.comまでお願いします)

サイキック似顔絵とは矢野ミチルによる新しいタイプの肖像画。モデルからインスピレーションを感じた色彩を選びとり、パステルにインクで線描する。貴族のような衣装になったり、背後に幻獣が出てきたり、手が動くままに幻像する。
# by yanomichiru | 2017-10-17 00:18 | 新作/展覧会情報

N-qia新作ジャケット

f0104234_0113242.jpg


電子音楽界の寵児SerphとボーカリストNozomiによるユニットN-qia(エヌキア)、4年振りとなるサードアルバム『fantasica』のジャケットを描きました。12/15発売です。たくさんの人に届きますように!

「オルタナティブ、エレクトロニック、ポップス」が描く三角形の中央に位置するサウンドをコンセプトに、Serphによる瑞々しくキュートなトラックと、Nozomiの澄み渡る声で描く幻想世界。ファンタジーの王道を征く全11曲。

noble-label.net/release/?ja

N-qia
『fantasica』(CD)
2017年12月15日(金)発売
価格:2,376円(税込)
NBL-222
1. seven nights circus
2. time leaper
3. glitter
4. dream ocean
5. fouk
6. love transmitter
7. lost kids
8. like a little bird
9. light
10. lover's rock
11. neondrive

[New Release Information]

Serph + Nozomi = N-qia. They will release a new full-length album for the first time in four years on 15.12.2017.

Based on the concept of mapping their sound in the center of a triangle constructed by “alternative, electronic and pop”, Serph’s fresh, cute arrangement and Nozomi’s clear, high-pitched voice portrayed a pellucid, magical world. The highroad to fantasy that N-qia will take.

more details:
http://bit.ly/2lNlC2C
# by yanomichiru | 2017-10-17 00:11 | 新作/展覧会情報

in ei rai san @福山繋々

f0104234_0293396.jpg
ただならぬ異彩、泥沼のごとき幻妖。

それは底なしの穴である。
甘く優しく誘うのではない。
蠢き、囁きながら、突然ドンと背中を押して、見る人を別次元へ突き落とす。

陰を祈る、陰を尊ぶ。
まさに、闇から光を放つに相応しい。

(長谷川英恵さんによる展示の感想)

十日間に及ぶ繋々での個展が幕を閉じました。築90年の古民家で滞在制作もしながら、日々作品と向き合い、展示して、眺め、創り、また展示して、ごはんを食べ、眠る。日を追う毎に、植物が根をはるように作品たちが場に馴染んでくれたのは作家冥利につきます。

振り返るとかなり過渡期な展示になったようです。新たな一歩としてアトリエで立体を細々と作ってる時は不安で真っ暗闇だった世界が、はじまると徐々に光が射して自信に繋がってく喜び。ちいさな子から年配の方まで、それぞれの楽しみ方をしてくれて、忘れられない毎日でした。

繋々の一周年という光栄な機会に展示することが出来て幸せでした。関わってくれたみんなと主宰のチーコさんと同じ方向を向いて創り上げた-in ei rai san-でした。ほんとうにありがとうございました。これからもおたのしみに。

(それから、幾つか常設で繋々に作品を置かせてもらえることになりました。今回逃してしまった方も繋々がオープンしてる時に足を運んでみてください。)
# by yanomichiru | 2017-08-15 00:27 | 展示後記