ブログトップ

毒入りブルーベリー

yanomichir.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新宿の秘密な場所で

f0104234_0145521.jpg

急遽決まりました!出番は2番目のteraVisionでマリンバの演奏に合わせてライブペインティングやります(スペシャルゲストあり)。
場所は東京でも指折りの夜景の綺麗なとこみたいです。
予約してくれる方は場所を連絡します。
無料なのでよければぜひ!


3月6日(土)
「風のうたが聴こえるかい」

●出演:ユピトーク、teraVision、あだち麗三郎with special magical guests

●18:45開場 19時開演

●チャージ無料♪♪(投げ銭制)

★出演者詳細
「ユピトーク」(ギターで素敵なうたう女性)
http://www.myspace.com/yupitalk

「teraVision」(マリンバとライヴペイント!)
http://www.myspace.com/teramarimba69(tera)

あだち麗三郎(ギターで素敵なうたう男性)
http://www.myspace.com/
[PR]
by yanomichiru | 2010-02-28 23:58

異形のものたち

[手帳は続く 第十回]
f0104234_2326242.jpg

例えば…どう見てもヒーローには見えない失敗作みたいな造形のキカイダー(アシ
ンメトリー過ぎて、頭とかズレちゃってる)
例えば…今なら絶対R指定扱いになるであろうアニメーションのAKIRA(SFの殻
を被ったホラー?!)
例えば…嫌悪感しか伝わってこない不快なリズムのトーキングヘッズの音楽
例えれば…美術の教科書で初めて見たゾンビじみたシーレの自画像
例えば…楳図かずおの描くチキンジョージ


最初にトラウマになる位の拒絶感を味わった体験程、それがふとしたきっかけで
溶解した後の恍惚度は限りがない。
憎さ余って可愛さ百倍。
[PR]
by yanomichiru | 2010-02-28 23:15 | 素描

手帳は続く 第九回

f0104234_2323939.jpg

名前しか知らなかったロマン・ポランスキーの「ローズマリーの赤ちゃん」を大樹君に借りて観た。光輝く抜群のタイトルからは想像出来ないおっそろしい話で…全編を貫く不穏な予兆と鮮やかゆえに恐ろしい色の数々、ミア・ファローが持つ美しく繊細なフォルムに捉え処の無さを意識的に生み出す心理描写が絡まっていく。
後半のあの畳み掛ける展開は、例えばピカソが最高の絵を塗り潰して、上からそれを超えるものに描き直すような圧巻さで我が脳ミソはエンドルフィンで号泣する。(でも君には僕以上にこの映画を好きになってはもらいたくない実に妙な気分なんだ)
[PR]
by yanomichiru | 2010-02-23 19:54 | 素描

手帳は続く 第八回

f0104234_21345356.jpg

only love can break your heart
想像力と感受性。そして妄想について考える日々…
[PR]
by yanomichiru | 2010-02-16 21:34 | 素描

手帳は続く 第七回

f0104234_511374.jpg
友人と今、一番会ってみたい有名人(故人は除く!)はだれか?って話になり、
さんざん悩んだ挙句、僕は元パンク歌手で今は作家の町田康氏におちつきました(笑)
[PR]
by yanomichiru | 2010-02-09 21:18 | 素描

手帳は続く 第六回

f0104234_2062886.jpg

追悼サリンジャー
[PR]
by yanomichiru | 2010-02-02 22:07 | 素描

芸術家について

何年か前、僕が初企画したライブに出てもらったこともある、大阪の藤田陽介君が驚愕の自作楽器をひっさげ東京にやってきます。
僕の知り合いに画家はたくさんいるけど、僕にはその誰よりも画家的な思考をもってこだわり抜いて生きてるように見えるのが、音楽家である彼です。例えば、自宅のサイフォンで淹れた珈琲にミルクと砂糖を入れたり、嵐の日に爆音でベートーベンを流したり、庭で飼ってる野良猫に「アルトー」という名前をつけてしまう感覚に遭遇すると、巨匠の亡霊が乗り移ってるようで痺れます。



藤田陽介が自宅でふいごからパイプまで全て一人で製作した、独自の構造による自作パイ プオルガンの即興。
この演奏では、左二本のパイプしか使っておらず、パイプの歌口に指を当てて、空気の流 れ方を微妙に変化させることにより出るハーモニクス音である。
エロクトロニクスのような電子音にも聴こえるが、エフェクター類は一切通していない、 ふいごからパイプへと送られる風の音をマイクで録っただけの生音である。
2010/2/13(土)
@ 池袋 鈴ん小屋 (東京)

《ありがとう。鈴ん小屋二周年記念》

【出演】
●Breath Mark
●内田コーヘイvo&violin (from TUFF SESSION)
●クリ guitar&vo (from TUFF SESSION)
●タナコウ
●藤田陽介


【開場/開演】 18:30/19:00

【Ticket】前¥2000/当¥2500(D代別途)
〈御予約は「鈴ん小屋」の方へお問い合わせ下さい。〉

【会場】鈴ん小屋
東京都豊島区東池袋1-47-1庚申ビルB1F tel.03-6382-7273
《HP》
http://www.ringoya.org/html/top.html



2010/2/14(日)
「天動説と輪染みに関する考察」at 七針 (東京・八丁堀)
Open/start
18:30/19:00

Charge 1500円

出演:
亞弥(DANCE)×船橋陽(CELLO)
藤田陽介

●亞弥HP http://aya.omnioo.com/
●船橋陽HP http://yowfnhs.exblog.jp/


七針[八丁堀]
東京都 中央区新川 2-7-1
オリエンタルビル 地下
TEL: 03-6806-6773
http://www.ftftftf.com
[PR]
by yanomichiru | 2010-02-02 21:04