ブログトップ

毒入りブルーベリー

yanomichir.exblog.jp

カテゴリ:新作/展覧会情報( 181 )

シミュラークルの森

f0104234_23100668.jpeg

矢野ミチル展覧会  〜シミュラークルの森〜
尾道やまねこカフェ
7/18(月祝)〜31(日)定休日19(火)25(月)
11:30〜22:00 ※最終日17:00迄

[PR]
by yanomichiru | 2016-05-20 23:08 | 新作/展覧会情報

東京アメリカンクラブ

f0104234_09055623.jpg

東京アメリカンクラブという会員制くらぶに併設されたフレデリックハリスギャラリーにて、2/29から3/20まで個展やってます!
搬入とレセプションを終えて弾丸で帰宅中です。なので今回は在廊しません。

さすがセレブな空間だけあって、美術館のような照明に照らされた自分の作品がいつもよりちょっと上品に見えるのが面白いので、興味ある方はぜひ観にいらしてください。大作を含めた36点ほど。ほとんどが今年、因島で子供の誕生を待ちながら描いた新作です。


場所 : 東京アメリカンクラブ地下一階
時間 : 7:30am〜10pm
電話 : 03-4588-0381
入場無料
※ギャラリーは18才未満の方は入場できませんのでご注意下さい
(ロシア大使館すぐ隣)
f0104234_09070158.jpg


[PR]
by yanomichiru | 2016-03-02 09:05 | 新作/展覧会情報

超絶技巧寓話画集絶賛発売中

f0104234_186350.jpg
残酷な絵本、決して乖離人格は交わることはなく、共に月を眺めてはいても、別々にそれぞれの親が鞭を手に待ち設けている30分後のお仕置きのことを考えている。体の中に居たイメージの語る色彩は引き出され、外で処理されるが、次のセッションまではそれは再びドアの無い部屋に引き籠る。その繰り返しの集中制作期間の後、とうとう統合された矢野ミチルが立ち現われる。それは足しも引きもしないコラージュされた無意識の、現在完了形の愛の集会である。

工藤冬里




超絶技巧寓話画集
定価¥3,200 (税込み¥3.360)フルカラーB6/127ページで全国の書店かAmazonや楽天のネットショップ(送料無料)で絶賛発売中です。もちろん展示会場でも手売りしています。よろしくお願いします。

Amazonページはコチラ
      
  
書籍コードは
ISBN978-4-434-17219-9 です。全国どこの書店からでも注文可能です。



(株)MOONPALACE
メール info@moonpalace.jp
TEL 03 6411 7690   FAX 03 6411 7691

[PR]
by yanomichiru | 2016-02-24 00:00 | 新作/展覧会情報

曇り空の日々

f0104234_00325489.jpg
巡り巡る縁というものを意識せずにはいられない「虹びたしの可視光船」の日々。つくばと千年一日珈琲焙煎所に滞在する事で、いろんな発見が至る所にちりばめられていた。やっぱり街は場所ではなく“人”なんだと改めて感じてしまう。

「この作品は曇り空のひかりが似合いますね」

千年の大坪さんはその言葉選びと珈琲に身を捧げる姿が錬金術師のようで、静かな引力を持って人を惹きつける。そうやって、毎日この星谷ビルにたくさんの面白い人が集まってくる。PEOPLE BOOK STOREの植田君、manufact jamのマリコさん、わかたろうのわかばさん…すこし足を延ばせば、つくば食堂 花や、ベッカライ・ブロートツァイト、Hooobyなど通い詰めたくなるお店(人)が要所要所にあって存分に満喫した。
なかなか会えない関東の友人たちも足を運んでくれて、このタイミングで大事な話が出来てよかった。

イベント日のなのるなもないさんとtotoさんはもうほんとうに凄かった。言葉と音と絵が三位一体になって、ギリギリのラインを攻めつつ、力強く緩やかに、まるで自分が宮沢賢治の物語の中に生きているようだった。

思いおこせば去年の夏、尾道ハライソ珈琲でなのるなもないさんとtotoさんに出会えた事が、こんな風に繋がってゆくとは、当時は思いもよらなかった。(今ではtotoさんが言っていた、つくばと尾道の人は似てる気がするの意味がよくわかる!)
展示も終わりかけのある日、なのるさんちで子供たちと一緒に絵を描いていたら「ああ、これでいいんだなぁ」と感じた。

もっともっと自由に描いていきたい。


[PR]
by yanomichiru | 2015-10-08 00:28 | 新作/展覧会情報

インタビュー

展示会場の隣にあるPEOPLE BOOKSTOREの植田浩平さんにインタビューして頂きました!
尾道やライブペイントの事など。初対面なのに話が尽きず、毎日お店に入り浸ってます。最高の本屋さん。
http://t.co/mt39qgQJLh

[PR]
by yanomichiru | 2015-09-23 22:09 | 新作/展覧会情報

千年一日珈琲焙煎所「虹びたしの可視光船」

f0104234_12180246.jpg
詩人totoさんの紹介でつくばの“千年一日珈琲焙煎所”での個展が決まりました。敬愛するsakanaの西脇さんも展示と演奏をされていた場所です。日暮里からなら一時間で来れるので東京の方もぜひ!例によって毎日在廊します。

矢野ミチル個展「虹びたしの可視光船」
会期  2015.9.17(木)〜28(月)
火・水曜定休
時 間  11:00 - 19:00(日曜日は18時まで)
会 場  千年一日珈琲焙煎所
(つくば市天久保3-21-3星谷ビル)

午後より作家在廊予定
題名考案:canooooopy


関連イベント
矢野ミチルライブペインティング 
☆ゲストあり
open 19:00 start 19:30
料金 ¥1,500 予約不要



“虹びたしの可視光船”という鮮烈な展示タイトルはcanooooopy氏(@cano5py)に依頼して考えて頂きました。音楽同様、サンプリング的魅力に溢れた言葉選びに感激!

いつもは自分がつけた展示タイトルを声に出したり出されたりすると穴があったら入りたくなるんですが、「虹びたしの可視光船」は一人歩きしてしまいそうなぐらい語感も最高なので、展示中何度も連呼したいです。






[PR]
by yanomichiru | 2015-09-08 12:17 | 新作/展覧会情報

広島十日市アパート個展「鳥獣銀河」

f0104234_11164886.jpg

三年振りの広島市での個展!
大好きなヲルガンの下にある十日市アパートでやります。

矢野ミチル個展「鳥獣銀河」
@広島十日市アパート
7/22(水)~27(月)
11:30~23:00

*いきものを板や布などに描いて展示します。似顔絵や消しゴム版画によるタロットカード、オリジナルグッズも販売!25日夜以外在廊
http://tokaichi-apartment.tumblr.com/
f0104234_1116495.jpg


鳥獣銀河オープニングレセプション
「人肌蜘蛛VS矢野ミチル」
7/22(水)
ふらんす座
open19:30 / start20:00
¥1500+1drink order

f0104234_11195539.jpg


人肌蜘蛛
2014年春、広島で結成されたジャンル不問のスリーピースバンド。結成以来3人で音を出したのは4回という恐るべきセッション数の少なさ。どんな音になるかメンバーですら予測不可能の未知なるバンド。3人が思い思いに吐き出す糸は果たしてどんな糸になるか興味は尽きない。
[PR]
by yanomichiru | 2015-07-22 00:00 | 新作/展覧会情報

孤独のウィキペディアを終えて

f0104234_1714269.jpg

音楽家soejima takumaとの二人展「孤独のウィキペディア」終わりました!
博多から離れた太宰府という特殊な土地なので、沢山の人というよりは遠くても本当に来たい人やリピーターの方が多くいたのが嬉しかったです。
音楽家でありながらアート寄りな副島君と画家でありつつ音楽的な自分とは、鏡合わせみたいにしっくりくる感じがあって、副島君が展示用に書いた曲は絵に染みこんで、普段より生き生きと見えました。

そして、彼が心底好きなもの(例えば僕の絵や、福岡アンダーグラウンドシーンの作家たち)を人に伝えたい、広めていきたい情熱のおかげで突出した様々な人と出会える場となりました。KANZEARTSの斉木さんも沢山の人から慕われていて、今後も長い付き合いになるであろうこの二人と孤独のウィキペディアを作り上げる事ができてよかったです。
f0104234_179174.jpg

それから、休廊日に宿泊したオルタナティブアートスペース三樹荘では、作家の渡邊瑠璃さんと壁画を共作する機会に恵まれ、今後の自分が制作する上で影響されそうな鮮烈な体験になりました。



直接会わなくても絵を信じて僕を呼んでくれた副島君、縁の下で見事なサポートをし続けてくれた斉木さん、茅ヶ崎からはるばる駆けつけてくれた線描くん、共演してくれた方々、きてくださった皆様、本当にありがとうございました!

いつの日か、福岡の作家たちを尾道や因島に呼んだ時には、自分もさらに良い作品を作って再会できるよう精進していかねばという気持ちです。
この地に蒔いた種はすぐにも巨木に成長していきそうな予感がジワジワとしてます。



2015.5.11
[PR]
by yanomichiru | 2015-05-11 17:08 | 新作/展覧会情報

福岡で展示「孤独のウィキペディア」

f0104234_19405230.jpg

5/2より福岡県大宰府にあるKANZEARTS(カンゼアーツ)にて音楽家soejima takuma氏との音楽×絵による「孤独のウィキペディア」と題された二人展。初日は関東から盟友線描氏を迎えてのensemble cocoonとライブペイントのセッションあります。
線描氏とN-qiaのジャケットが繋いでくれたこの縁を大切に紡いでゆきます!

矢野ミチル × soejima takuma
「孤独のウィキペディア」
2015 . 5 .2 sat 〜 5 . 9 sat
5.7thu休廊
11:00〜18:00

Live paint
5/2(sat)
OP/13:30 ST/14:00 ¥1000(drink付)
CAST:矢野ミチル & ensemble cocoon feat. 線描


KANZEARTS
福岡県太宰府市観世音寺5丁目3-41
TEL
090-6425-0095(担当: 斉木)
西鉄五条駅より徒歩10分
西鉄太宰府駅より徒歩20分
http://kanzearts.com/
[PR]
by yanomichiru | 2015-05-02 19:36 | 新作/展覧会情報

SAY YO!を終えて

f0104234_131009.jpg


蔵に入った多くの人が度肝を抜かれていました。そこは愛媛の宇和にある池田屋の酒蔵内部にイワモトジロウという人間離れした男がたったひとりで建ててしまった“アジト”という小屋。
f0104234_1310166.jpg

外側には佐藤友佳理さんによる地元の湧き水を使った和紙の神々しい作品が結界のように張り巡らされ、入口から奇怪なイワモト通路を抜けた円卓には“動物の糞が肥料となり循環する世界”の細密画を村上大樹が配列。それを受けるかのように向かい上方には海野貴彦さんの金色の「糞」の文字が輝く。
f0104234_1310299.jpg

僕は毎日その中に潜伏しながら来てくれた人をひたすら描いてました。時折訪れる工藤冬里さんが弾いてくれる古いピアノを聴きながら。

どこにも無い振り切れたおもしろさを見抜く海野さんの審美眼。池田屋さんの柔軟とエスプリと愛のこもった美味しいごはん。そしてそこに集まるアンテナの研ぎ澄まされた人たち。
f0104234_1310364.jpg


土地は人であり、純度の高い水脈のように今後ここからいろんなものが放たれて育っていく鮮明な予感と期待。生きること、描くこと、住むこと、触れ合うこと、そこから学ぶことの多大な二週間でした。

関係してくれたみなさんによい春が訪れることを願って

2015.3.24
f0104234_1310484.jpg

[PR]
by yanomichiru | 2015-03-24 13:07 | 新作/展覧会情報