「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

毒入りブルーベリー

yanomichir.exblog.jp

大阪ヨルチャで個展

f0104234_432320.jpg
矢野ミチル個展
“寓話の片鱗”
@gallery yolcha
2011.6/11(土)~6/19(日)
13:00~20:00 (19日は17:00まで)

☆下記日程でcafe barをオープン
6/11(土),6/12(日),6/18(土)

表面的には穏やかに見られがちだが実は矢野ミチルは短気で怒りっぽいところがある。しかも向けられる怒りの矛先は社会やそれを取り巻く世界などとは、ほど遠い大体が恐ろしくクダラナイことなのだ。彼の世界の向かう先は絵筆の先にのみ正しく存在する。

そんな彼が西洋と言葉にする時に、いつも奇妙な違和感を感じている。彼の絵に出てくる西洋や寓話のような世界も然りである。このような珍妙な世界は何処にも存在しないのである。意外にも日本の古い様式や文化の愛好者である彼に、日本人なら日本を題材にした絵を書かないのか?と 軽く質問した事がある。なんて答えたかは忘れたが、その事は妙に引っ掛かっていた。

そして今回の展示のために書かれた作品群を眺めながら、トンでもない愚問をしてしまったと後悔してしまった。彼の描く世界は表層的には西洋的なものに間違いないのだが、本質は土着化して日本に溶け込み異物としたライスカレーやナポリタンのような野蛮で中毒性をもった世界なのである。この大地に土着化した矢野ミチルの寓話的な美しい世界と彼のクダラナイ怒りの片鱗を会場で是非体験してみて欲しい。

漫文家 村上大樹

***

<クロージングイベント>

“寓話キネマ”
@中津・カフェ☆印
2011.6/19(日)
¥2,500(1food&1drink付き)
*矢野ミチル個展期間中、gallery yolchaにて割引チケット(¥2,300)販売

開場:19:00
開演:19:30

出演:矢野ミチル(with 宮本章太郎)
    セボンゐレボン
    yuya

f0104234_12321839.jpg
◆矢野ミチル(ライヴペインティング)
「私はよくある巷のライヴペインティングにはほとんど興味がない。ただし、矢野ミチルの即興絵画に関しては別だ。線が色を貪りながらざわざわと貴方の五感を浸蝕する様を、ぜひ共に体験していただきたい。」
イルボン(詩演家/gallery yolcha)

f0104234_12155992.jpg
◇宮本章太郎
nayutaのギター/ボーカル/メインコンポーザー。ギタリストとしても多方面で活動する傍、MTRレコーディングのエンジニアとしても活動する。デジタルとアナログ、メジャーとマイナー。陰と陽がめまぐるしく変わる、有限とも無限ともいいがたい、生活感のある宇宙。つまりは凡人。http://www.sayonara-ambient.com/

f0104234_12153177.jpg
◆セボンゐレボン
詩演家イルボンのモノローグをゲスト音楽家たちが彩る活劇詩楽団。今回は宮本章太郎(ギター)と水田十夢(ベース)を迎えたトリオで。サルビアの如く舞い散る音楽と詩情!やさぐれたヤサ男の下世話と気品のポリリズム!http://maigo-hoso.perma.jp

f0104234_12144727.jpg
◇yuya
コンサーティナ(小型のアコーディオン)を弾き語り歌う。2009年九条山Villa滞在アーティスト、エレーヌ・ド・クレシー 監督「GENESIS ~生成~」挿入歌制作。2010年バー探偵、きんせ旅館、ライト商会などでアコースティックライブを行う。京都を中心に活動 http://blog.goo.ne.jp/bingo-uta/


gallery yolcha
大阪市北区豊崎1-1-14
H&H japan内 gallery yolcha
(地下鉄中崎町駅が最寄駅ですが、天神橋筋六丁目駅や阪急梅田駅からも徒歩10分圏内です。)

*展覧会お問い合わせ/ライヴご予約
090-3673-0337 gallery.yolcha@gmail.com
[PR]
by yanomichiru | 2011-06-11 12:46 | 新作/展覧会情報
<< 寓話の片鱗 フライヤー 天辺から爪先まで >>